サイエンス・アクセシビリティ・ネットでは、印刷された文書やPDFなどの文書を、読むことに困難がある人達にやさしいアクセシブルな電子図書(点字やマルチメディアDAISY、EPUB3、テキストデータなど)に変換するために利用可能な、さまざまなソフトウェアを開発し配布・販売しています。

特徴1.使いやすい操作で高品質な電子化が可能なこと

特徴2.全てのソフトが数式に対応していること

こうした点に留意して開発しています。

InftyReader

 数式を含む印刷文書やPDFを認識して編集可能な電子データにするOCRソフトです。数式を認識できる唯一のソフトウェアとして、世界中で使われています。
 認識結果は、ChattyInftyやInftyEditor用の文書形式(XML)の他、MS Word,LaTeXのソース(.tex),テキスト形式(.txt),WEB用のMathML形式(XHTML)など、多様な文書形式で保存できます。

詳しくはこちら

InftyEditor

 数式をレイアウト表示しながら、キーボードだけで数式入力・編集ができる理系文書用のエディタです。晴眼者用で、音声機能はありません。ChattyInftyのベースになっているソフトウェアです。編集結果はInftyReaderと同様の諸形式の他、IMLtoBrailleを利用することにより点字出力が出来ます。InftyReaderによる認識結果を開くと、カーソル移動で原画像と認識結果が連動して表示されます。

詳しくはこちら

ChattyInfty2

 入力中の文字や数式をリアルタイムで読み上げる機能が付いた、視覚障害者用の科学文書編集ソフト。利用するためにはスクリーンリーダー(PCTalker)が必要です。
 機能や操作方法はInftyEditorと同様で、キー操作毎に操作内容が読み上げられるので、視覚障害者にも数学用文書が容易に読み書きできます。

詳しくはこちら

ChattyInfty3

 人の声と間違うほどの高品質な合成音声(AITalk)によるマルチメディアDAISY制作ソフト。Wordで文書を編集するのとほぼ同様の操作で、読みやアクセント、間合いの調整をして正確な読みのマルチメディアDAISYを制作できます。縦書きや数式対応、表、図中の文字の読み上げなど、多様な機能が充実しています。

詳しくはこちら

ChattyBooks

 Windows版の高機能なマルチメディアDAISYプレイヤー(フリーソフト)です。日本障害者リハビリテーション協会で配信されている教科書をはじめ、他のソフトで制作した多くのマルチメディアDAISY(Ver.2.02)を再生できます。クリックした位置からの読み上げ、文字拡大に連動した図の拡大、行間隔や文字間隔の調整、読み上げフレーズの間合いの調整、ルビの色や表示レベル変更など、多様なカスタマイズが可能です。

詳しくはこちら

BrailleInfty

 数符や段下げ、外国語指示府などの一定の点字の知識さえあれば、点字を読めなくても、また数式点字を知らなくても正確な点字数学文書を編集できる、墨字表記の点字エディタです。

詳しくはこちら

ImltoBraille

 数式を含む文書を変換できる点字変換ソフトです。
 InftyEditorやChattyInftyのデータをBrailleInfty用の点字XMLファイルや汎用の点字データBSEに変換できます。

詳しくはこちら