日本障害者リハビリテーション協会のマルチメディアデイジー教科書制作ネットワーク団体で使われているマルチメディアデイジー制作ソフトが同協会のEnjoyDaisyのサイトに掲載されています。

詳しくはこちら

 ここではサイエンス・アクセシビリティ・ネットで開発したChattyInftyの特徴と入手方法を紹介します。使い方については「マルチメディアデイジーの作り方」のページをご覧下さい。

ChattyInfty3(AITalk版)の特徴

  • 文書編集がしやすいこと。基本的操作はWordによる文書作成と同じ。
  • 人の声に近い高品質な合成音声を利用していること。
  • 読みの修正やアクセント制御、ポーズの挿入などをキーボードだけで行うことができて、正確で自然な読み上げをワープロ感覚で実現出来ること。
  • 必要に応じてフレーズの区切り方の調節や全ルビ、分かち書きの自動処理や個別編集が容易にできること。
  • 見出し構造の編集が分かりやすい直感的な方法で非常に簡単にできること。
  • 図の中の文字にも読み上げ音声を付けることができること。
  • 数式の入力が簡単で、専門家による検討委員会で定められた正確な数式の読み上げが自動で付与されること。
  • 日英混在文のマルチメディアDAISY制作が可能なこと(日本語はAITalkの音声、英語はSAPI5の音声)。
  • 目が見えない人も編集できるようにすべての操作にショートカットが定義されていて、視覚障害者でもDAISYのコンテンツ制作(特に音声デイジー)が可能なこと。
  • 編集後、ワンクリックでマルチメディアデイジーや音声デイジー、アクセシブルなEPUB3などの形式で出力できること。

ChattyInfty3(AITalk版)の入手方法

 ソフトウェアのページのChattyInfty3(AITalk版)のページをご覧下さい。
 ChattyInftyはユーザー登録しなくても、30日は無償で利用することが出来ます。使用可能日数は実際に利用した日にちだけがカウントされますので、例えば、週に1回しか使わなければ、半年以上利用することが可能です。

30日無償で使える制作ソフトをダウンロード【ChattyInfty(AITalk版)】